ビジネスローンって?おすすめのビジネスローンはどこ?

はじめに

事業をしている人にとって、資金繰は大変な問題で、運転式や設備投資資金など、急に資金が必要になった場合でも、常に手元にまとまったお金があるとは限りませんよね?

公的融資や銀行融資を受けられればいいのですが、公的融資を利用するにはかなりの手続きが必要ですし、銀行の審査は厳しいため、簡単にお金を貸してくれません。

それでは、急に資金が必要になった時どうすればいいのか、おすすめのビジネスローンなどを含めご紹介してみましょう。

銀行以外でもビジネスローンを取り扱っている金融業者は多く、無担保や無保証人でも貸してくれますし、スピーディに融資してくれるところも多いです。

ただ、公的融資や銀行よりかなり金利が高いというデメリットも忘れてはなりません。

ビジネスローンって?

では、いったいビジネスローンとは具体的にどういったローンのことを言うのでしょうか。

ビジネスローンとは、中小企業者や個人事業主向けのローンのことを言い、銀行以外でこれを扱っているのは消費者金融やクレジットカード会社などがあります。

このようなノンバンク系のメリット、デメリットを書いてみましょう。

メリット、デメリット

  • 銀行と比較すると審査の通過率が高い
  • 担保や保証人が必要ない
  • 利便性が高い
  • 即日融資など対応が迅速

などがあります。

次にデメリットを書いてみましょう。

  • 金利が高い
  • 悪徳業者がいないわけではない
  • 限度額が高くない

などがあります。

なので、ビジネスローンを選ぶ際には、メリットを活かしてデメリットを避けたいものです。

総量規制との関係は?

次に、総量規制との関係について書いてみましょう。

現在、銀行以外からの借り入れは総量規制の対象ですので、借り入れ限度額は年収の3分の1までと決まっています。

ですが、総量規制にはいくつかの例外があり、事業資金としての利用目的で、確定申告書や事業計画書などを提出できるのであれば、その対象外となります。

ですので、銀行以外の業者が行っているフリーローンであっても、事業者向けであれば対象外になることが多いです。

ビジネスローンの選び方とは?

次に、ビジネスローンを選ぶ際にチェックするべき点について書いてみます。

まずは金利です。

必要な金利と適用金利を照らし合わせてみることが大切です。

さらに、限度額がいくらか調べることも重要ですよね。

保証人が必要かどうかもチェックしましょう。

法人の場合は代表者に連帯保証を求める場合が多いです。

担保が必要かどうかもチェックしておきましょう。

また、法人向けか個人事業主向けか、年齢制限などがあるかどうかも調べておく必要があります。

来店の必要があるかどうか、融資までの時間はどれくらいか?なども要チェックです。

利便性がどれくらい高いか、最長の借り入れ期間はどれくらいか、使途は自由かどうかも知っておきたいですね。
最大のチェックポイントは、悪徳業者でないかどうかでしょう。

財務局に登録している業者か、悪徳業者リストに載っていないかどうかを調べておきましょう。

おすすめのビジネスローンとは?

おすすめのビジネスローンを紹介しているサイトや、ランキングサイトは多いですが、明らかに広告サイトの場合が多いです。

また、ビジネスローンと称して普通の個人向けのローンを紹介している場合もかなりあります。

ここでは、ビジネスにぴったりだと思われるローンだけをご紹介しますので安心してくださいね。

ちなみに、ビジネスローンには保証人や不動産を担保とする有担保型もありますが、そういったものが不必要な無担保型フリーローンだけをご紹介しましょう。

オリックスクレジット ORIX CLUB CARD

このビジネスローンは金利が6パーセントから17.8パーセントとなっており、限度額は500万円です。

こちらはオリックスグループの業者で、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間365日いつでもネットから振り込みや返済が可能な便利なビジネスローンです。

オリックスグループの事業者向けローンです。

さらに、審査も最短で即日なので、朝一番で申し込むとその日のうちに融資してもらうことが可能。

ただ、対象となるのが業歴1年以上の個人事業主となっており、法人や1年未満の方は利用できないので注意が必要です。

ビジネクスト ビジネスローン

このビジネスローンは金利が8パーセントから18パーセントとなっており、限度額は1000万円です。

この業者はビジネスローン会社としてかなりの実績を持つ大手業者で、限度額が大きいため銀行以外ではかなりのレベルの業者と言えます。

また、来店不要で申し込みから借り入れができますし、振り込み融資もできるのですが、それには審査まで3日程度かかりますので注意しましょう。

個人事業主の場合、無保証人、無担保となっていますが、法人の場合には代表者が連帯保証する必要があります。

セゾンファンデックス 事業コース

こちらの金利は6.5パーセントから17.8パーセントで、限度額は500万円です。

セゾングループが運営している個人事業主向けのビジネスローンです。

平日に限ってですが、午後1時までに申し込み、審査、必要書類をファックスすれば、当日融資が可能な便利なビジネスローン。

ただ、条件があり、20歳から65歳までの安定収入がある電話連絡が可能な個人事業主となっているので、法人が申し込むことはできません。

シンキ オーナーズセレクトカード

このビジネスローンは金利が13パーセントから18パーセントとなっており、限度額は300万円です。

この業者は新生銀行グループで、法人の場合であっても保証人は不要なのがうれしいですよね。

さらに、ネットで申し込んだ後、自動契約機に行けば当日融資も可能なビジネスローンです。

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでもネットで融資や返済ができるスグレモノです。

ビジネスローンが最適かじっくり考えよう

いかがだったでしょうか。

おすすめのビジネスローンについて書いてみましたが、ここでもう一度考えてみて下さい。

それは、本当に自分に必要なのはビジネスローンかどうか・・ということです。

上で書いた通り、ビジネスローンの金利はかなり高いです。

金利の点だけで考えますと、消費者金融と変わりありません。

なので、長期間の借り入れに適した金利だとは言えませんよね。

つまり、あくまで次の融資が決まるまでのつなぎ融資として利用すべきなのです。

融資が必要ということになれば、まずは公的融資、次に銀行、最終手段としてビジネスローンを検討するようにしましょう。

公的融資には日本政策金融公庫や中小企業金融公庫などがあります。

これらは手続きが難しくて大変だと思われていますが、金利は1パパーセント~5パーセントとかなりの低金利です。

また、最近では銀行もビジネスローンより金利の低い事業者向けローンを販売しているようです。

ですので、すぐにビジネスローンを利用しようとせず、まずは他の方法を検討するようにしたいものですね。

まとめ

ここで、上で書いたことをまとめてみましょう。

事業をしていてまとまったお金が必要になった場合、公的資金からの借り入れが無理で、どうしてもすぐに資金が必要になった場合に、緊急避難措置的な利用の仕方をする・・それがビジネスローンと言えるでしょう。

以上のことがみなさんのビジネスのお役に立つと幸いです。

ぜひご参考になさってみて下さいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*