即日融資できるカードローンとは?

景気が停滞していたとは言っても、アベノミクス効果で景気がよくなったと急に言われても私たち一般市民はピンときませんよね?

お給料は一向に上がらないのに、むしろ物価は高くなり、生活は前よりきつくなったと言ってもいいくらいです。

必要な出費は景気に関係なくやってくるので、無駄遣いなんてしていなくてもお財布の中身はいつもさみしい・・なんて人多いんじゃないでしょうか?

しかし、いつかきっと一般庶民にもアベノミクスの恩恵がやってくると信じたいですよね。

今の日本はEU離脱によって円高になり、待ったなしの状況になったため、輸入大国の日本にとっては非常事態とも言えます。

そんなことが続くと景気が逆戻りしてしまうかも。

こんな時に頼りになるのがカードローンの即日融資ではないでしょうか?

簡単に友達にお金を貸してなんて言えないでしょうし、その友達だってそんなにお金に余裕があるとは限りませんしね。

そこでここでは、即日融資ができるカードローンについてご紹介してみたいと思います。

いざ急にお金が必要となった時のために、ここでご紹介したことがご参考になると幸いです。

即日融資が可能というのは、カードローンの申し込みをしてその日中にお金が借りられることを言います。

今日中にお金がいるけど、カードローンを利用したことがないという人におすすめです

もし、すでにカードローンを利用したことがある方は、そのカードローンをまた利用すると提携の端末などからすぐにお金を借りられます。

ですので、お金が急に必要になることを考え、前もってカードローンの申し込みをしておくことをおすすめします。

前もって作っておくと、金利や限度額などといった申し込み条件でカードローンをじっくりと選ぶことができるからです。

ここでは、カードローンをまだ利用したことのない人のために、即日融資が可能なカードローンをご紹介したいと思います。

 

即日融資のカードローンなら、アコムがおすすめ。

アコムは三菱UFJファイナンシャルグループ系の消費者金融で、審査の回答は最短でたったの30分となっており、融資は最短で1時間です。

また、はじめて利用する方は30日間金利が全くつきませんし、最短30分で審査の回答がもらえ、さらに来店は不要なのでありがたいですね。

なお、20時までに申込めば即日融資が可能となっています。

申し込みの際に必要な書類は、免許証や保険証などの本人確認書類のみで、50万円以下の借入申し込みであれば基本的には収入証明書や所得証明書などの書類を提出する必要はありません。

ただ、アコムで即日融資を行うためには次のようなポイントがあります。

まず、来店せず融資してもらうという場合には、基本的に振り込み先の銀行にアコムからの振り込み受付をしてもらう必要があり、そのため金融機関の窓口が終わる15時までに対応してもらわなければなりません。

アコムの場合にはウェブで契約した後、はじめて借入申し込みをする人に限り、振り込みによる借入の時間延長を行っているのでありがたいですね。

なお、振り込み可能な金融機関は三菱東京UFJ銀行のほかに、ゆうちょ銀行や三井住友銀行などがあり、平日の18時までに依頼すれば、当日の19時までに振り込みしてもらうことが可能です、

振り込み依頼をする際には、アコムのフリーダイヤルに電話をして申し込みをしましょう。

こういった振り込み時間の延長に対応してくれる消費者金融はアコムだけですので、即日融資の申し込みはアコムのカードローンが大変おすすめなのです。

さて、次にむじんくんなどの自動契約機で申し込む場合ですが、むじんくんなどの自動契約機に行けるのなら、次のような方法で申し込みができます。

このむじんくんは営業時間が朝の9時から夜9時となっており、年中無休なのがありがたいですね。

審査時間も考え、20時までにネットで申し込みをします。

そして、21時までにむじんくんへ行きます。

アコムの詳細はこちら

審査が終われば、契約手続きが可能となるので、カードが発行されればそのカードを使ってもよりの提携端末などを使い借入が可能となります。

次におすすめしたいのが、即日融資可能な銀行カードローンです。

即日融資可能なおすすめの銀行カードローン

銀行カードローンは消費者金融に比べて審査にかなり時間がかかり、即日融資のものは限られています。

そんな中でも三菱東京UFJ銀行のバンクイックなら審査の回答が非常に早くなっており、即日融資が可能なんです。

三菱東京UFJ銀行のバンクイック

このカードローンの特徴とは、限度額200万円以下なら収入証明書が不要で、最短即日融資が可能な点です。

また、金利が非常に低くなっており、1.8パーセント~14.6パーセントとかなりお得になっています。

このバンクイックで即日融資してもらうには、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口に行くことが前提です。

まず、ウェブで申し込みをし、審査が終わったら契約手続きができるので営業時間内に銀行のテレビ窓口に行きましょう。

そうするとカードが発行されますので、そのカードを使って三菱東京UFJ銀行の端末や提携端末で借入ができます。

このように、バンクイックなら即日融資が可能となっています。

最後にご紹介したいのは、新生銀行カードローンレイクです。

新生銀行カードローンレイク

このカードローンの場合、申し込み、審査、カード発行まで全て自動契約機のみで行えるのがポイントです。

カードが発行されますとすぐに端末から借入可能です。

また、申し込みからカード発行までの時間はたったの40分となっています。

はじめて申し込む場合は夜9時までに手続きを済まれなければなりません。

必要書類を忘れずに持っていきましょう。

まず、ホームページの申し込み画面で必要事項を入力してから申し込みます。

次に、画面上に審査結果が表示されることになっています。

ただし、審査時間は決まった時間以外に申し込むと表示されず、翌営業日にメールで通知がくるので注意が必要です。

なお、契約方法は次の2つのうちから選ぶようになっています。

自動契約機またはネット契約です。

ネット契約の場合にはデジカメやスマホで必要書類を撮影してその画面をメールに添付し、送信するか、ファックスで送信するかすれば、ホームページ上の手続きのみで契約できます。

契約が完了すれば指定の口座に振り込みしてもらえますので簡単ですよね。

次に電話での申し込みについてです。

電話で申し込む場合、審査時間をその場で教えてもらえ、契約の流れはホームページからの場合と同様です。

携帯電話の場合、オンライン審査はホームページの場合と同じで、オペレーター審査はホームページで最低点の項目に入力するだけで、その後は電話での手続きとなります。

なお、オペレーター審査の場合ですが、ホームページでいくつかの項目に入力して送信すれば、レイク側から電話がありますので、その質問に答えればその場で審査結果がわかる仕組みです。

審査の後の流れはホームページから自動契約機、ネット契約の場合と同様となっています。

必要書類については免許証や保険証、パスポートの中のどれかだけでよく、もし借入希望額が100万円を超える場合には収入証明書が必要になる場合もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

即日融資のカードローンのおすすめをいくつかご紹介してみました。

急な出費の際には当日中にお金を貸してもらえるカードローンは大変ありがたい存在です。

ですが、急にお金が必要になってからカードローンのに申し込むとなると金利や借入方法など、検討せずに申し込んでしまうことが多いでそう。

そうなってしまうと後でもっと考えておけばよかった・・ということにもなりかねませんよね?

すぐにお金を借りられるように、事前に上記のポイントをしっかり押さえておき、申し込みをしておくといいでしょう。

ビジネスローンって?おすすめのビジネスローンはどこ?

はじめに

事業をしている人にとって、資金繰は大変な問題で、運転式や設備投資資金など、急に資金が必要になった場合でも、常に手元にまとまったお金があるとは限りませんよね?

公的融資や銀行融資を受けられればいいのですが、公的融資を利用するにはかなりの手続きが必要ですし、銀行の審査は厳しいため、簡単にお金を貸してくれません。

それでは、急に資金が必要になった時どうすればいいのか、おすすめのビジネスローンなどを含めご紹介してみましょう。

銀行以外でもビジネスローンを取り扱っている金融業者は多く、無担保や無保証人でも貸してくれますし、スピーディに融資してくれるところも多いです。

ただ、公的融資や銀行よりかなり金利が高いというデメリットも忘れてはなりません。

ビジネスローンって?

では、いったいビジネスローンとは具体的にどういったローンのことを言うのでしょうか。

ビジネスローンとは、中小企業者や個人事業主向けのローンのことを言い、銀行以外でこれを扱っているのは消費者金融やクレジットカード会社などがあります。

このようなノンバンク系のメリット、デメリットを書いてみましょう。

メリット、デメリット

  • 銀行と比較すると審査の通過率が高い
  • 担保や保証人が必要ない
  • 利便性が高い
  • 即日融資など対応が迅速

などがあります。

次にデメリットを書いてみましょう。

  • 金利が高い
  • 悪徳業者がいないわけではない
  • 限度額が高くない

などがあります。

なので、ビジネスローンを選ぶ際には、メリットを活かしてデメリットを避けたいものです。

総量規制との関係は?

次に、総量規制との関係について書いてみましょう。

現在、銀行以外からの借り入れは総量規制の対象ですので、借り入れ限度額は年収の3分の1までと決まっています。

ですが、総量規制にはいくつかの例外があり、事業資金としての利用目的で、確定申告書や事業計画書などを提出できるのであれば、その対象外となります。

ですので、銀行以外の業者が行っているフリーローンであっても、事業者向けであれば対象外になることが多いです。

ビジネスローンの選び方とは?

次に、ビジネスローンを選ぶ際にチェックするべき点について書いてみます。

まずは金利です。

必要な金利と適用金利を照らし合わせてみることが大切です。

さらに、限度額がいくらか調べることも重要ですよね。

保証人が必要かどうかもチェックしましょう。

法人の場合は代表者に連帯保証を求める場合が多いです。

担保が必要かどうかもチェックしておきましょう。

また、法人向けか個人事業主向けか、年齢制限などがあるかどうかも調べておく必要があります。

来店の必要があるかどうか、融資までの時間はどれくらいか?なども要チェックです。

利便性がどれくらい高いか、最長の借り入れ期間はどれくらいか、使途は自由かどうかも知っておきたいですね。
最大のチェックポイントは、悪徳業者でないかどうかでしょう。

財務局に登録している業者か、悪徳業者リストに載っていないかどうかを調べておきましょう。

おすすめのビジネスローンとは?

おすすめのビジネスローンを紹介しているサイトや、ランキングサイトは多いですが、明らかに広告サイトの場合が多いです。

また、ビジネスローンと称して普通の個人向けのローンを紹介している場合もかなりあります。

ここでは、ビジネスにぴったりだと思われるローンだけをご紹介しますので安心してくださいね。

ちなみに、ビジネスローンには保証人や不動産を担保とする有担保型もありますが、そういったものが不必要な無担保型フリーローンだけをご紹介しましょう。

オリックスクレジット ORIX CLUB CARD

このビジネスローンは金利が6パーセントから17.8パーセントとなっており、限度額は500万円です。

こちらはオリックスグループの業者で、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間365日いつでもネットから振り込みや返済が可能な便利なビジネスローンです。

オリックスグループの事業者向けローンです。

さらに、審査も最短で即日なので、朝一番で申し込むとその日のうちに融資してもらうことが可能。

ただ、対象となるのが業歴1年以上の個人事業主となっており、法人や1年未満の方は利用できないので注意が必要です。

ビジネクスト ビジネスローン

このビジネスローンは金利が8パーセントから18パーセントとなっており、限度額は1000万円です。

この業者はビジネスローン会社としてかなりの実績を持つ大手業者で、限度額が大きいため銀行以外ではかなりのレベルの業者と言えます。

また、来店不要で申し込みから借り入れができますし、振り込み融資もできるのですが、それには審査まで3日程度かかりますので注意しましょう。

個人事業主の場合、無保証人、無担保となっていますが、法人の場合には代表者が連帯保証する必要があります。

セゾンファンデックス 事業コース

こちらの金利は6.5パーセントから17.8パーセントで、限度額は500万円です。

セゾングループが運営している個人事業主向けのビジネスローンです。

平日に限ってですが、午後1時までに申し込み、審査、必要書類をファックスすれば、当日融資が可能な便利なビジネスローン。

ただ、条件があり、20歳から65歳までの安定収入がある電話連絡が可能な個人事業主となっているので、法人が申し込むことはできません。

シンキ オーナーズセレクトカード

このビジネスローンは金利が13パーセントから18パーセントとなっており、限度額は300万円です。

この業者は新生銀行グループで、法人の場合であっても保証人は不要なのがうれしいですよね。

さらに、ネットで申し込んだ後、自動契約機に行けば当日融資も可能なビジネスローンです。

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでもネットで融資や返済ができるスグレモノです。

ビジネスローンが最適かじっくり考えよう

いかがだったでしょうか。

おすすめのビジネスローンについて書いてみましたが、ここでもう一度考えてみて下さい。

それは、本当に自分に必要なのはビジネスローンかどうか・・ということです。

上で書いた通り、ビジネスローンの金利はかなり高いです。

金利の点だけで考えますと、消費者金融と変わりありません。

なので、長期間の借り入れに適した金利だとは言えませんよね。

つまり、あくまで次の融資が決まるまでのつなぎ融資として利用すべきなのです。

融資が必要ということになれば、まずは公的融資、次に銀行、最終手段としてビジネスローンを検討するようにしましょう。

公的融資には日本政策金融公庫や中小企業金融公庫などがあります。

これらは手続きが難しくて大変だと思われていますが、金利は1パパーセント~5パーセントとかなりの低金利です。

また、最近では銀行もビジネスローンより金利の低い事業者向けローンを販売しているようです。

ですので、すぐにビジネスローンを利用しようとせず、まずは他の方法を検討するようにしたいものですね。

まとめ

ここで、上で書いたことをまとめてみましょう。

事業をしていてまとまったお金が必要になった場合、公的資金からの借り入れが無理で、どうしてもすぐに資金が必要になった場合に、緊急避難措置的な利用の仕方をする・・それがビジネスローンと言えるでしょう。

以上のことがみなさんのビジネスのお役に立つと幸いです。

ぜひご参考になさってみて下さいね。

 

専業主婦向けカードローン、おすすめは?

銀行や消費者金融のカードローンは基本的に無担保の個人向け商品なので、誰でも利用することができます。

ちゃんと働いており、継続して一定以上の収入があれば誰でも、当然専業主婦であってもカードローンの利用は可能。

そこで、ここでは特に専業主婦向けのカードローン会社について書いてみましょう。

実は専業主婦でもカードローンは利用できる!

自分は専業主婦だからカードローンのでお金なんて借りられない・・なんて思っている方は案外多いのでは?

ですが、そんなことはありません。

主婦でも急にお金が必要になることだってありますよね?

今月や生活費が足りなくなりそうとか、子どもの教育費が必要など、カードローンを利用したいことがあるはず。

今月出費が重なって生活費が足りない・・でも子どもがまだ小さくてパートに行くこともできない、なんて専業主婦もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか・

さらに、不景気が長引いているため、夫のお給料もかなりカットされたり、ボーナスがカットされる、消費税の増税など、主婦にとってかなり厳しい状況にあります。

そんな時に助かるのがこのカードローンです。

主婦だからって諦めているのではなく、審査に通りさえすれば堂々とお金を借りることができますので、ぜひご参考になさってみてくださいね。ここでは、専業主婦でお金が借りられるカードローンについてご紹介してみたいと思います。

カードローンの審査ってどうなの?気になる審査基準とは

専業主婦でも利用できるカードローンの会社の審査って甘いのかと言われるとそうでないことが多いです。

一般的に言うと銀行の審査は厳しく、消費者金融の審査の方が甘いと言われています。

その一方で、専業主婦であっても銀行のカードローンは利用できますし、消費者金融のカードローンでも同様です。

つまり、主婦ということで審査が甘くなったり厳しくなったりということは基本的にないということですね。

ですので、一概に専業主婦でも審査に通過できる会社は審査が甘いとは言い切れず、また他の利用者と同条件や基準を求められるため、特に甘い金融会社はないと言えるでしょう。

まず第一に必要になる条件とは、継続して一定以上の収入があること、これです。

つまり、安定した収入がないと主婦であってもそうでなくても審査には通らないということなのです。

では、貸してもらいやすい専業主婦とはいったいどういったものなのでしょうか?

それはアルバイトやパート、または契約社員などで働いており、継続した収入がある主婦でしょう。

さらに、借りやすい主婦だとどの金融会社にも申込、審査に通過できやすくなります。

言い換えますと、審査の厳しい銀行のカードローンであっても、審査が甘い消費者金融であっても、自分の必要に合わせた自由選択ができるということになります。

なので、審査の甘い小さな消費者金融に申し込むと、かなり借りやすさを感じるはずです。

さらに、審査の厳しいとされている銀行のカードローンのにも申し込めるので、低金利で借りることも可能です。

そのいっぽう、借りにくい主婦とは無収入の専業主婦になります。

専業主婦の場合には借りやすい主婦のように自由度は狭くなるので、専業主婦が申込て借りられる会社は審査に甘いと言えるでしょう。

その理由は、専業主婦といった社会的立場は言ってみると無収入の人と同じなので、カードローンなどの利用ではもっとも条件が降りで、制限されてしまう人・・と位置づけられるからですね。

そういったことから、どんな利用に制約がかかる専業主婦であっても条件によっては申込めて審査に通過できるカードローン会社は審査に甘いと言えるでしょう。

では、専業主婦が借りやすいカードローンというのはいったいどういったものなのでしょうか?

専業主婦が借りやすいカードローン

それは、実は銀行のカードローンなんですね。

では、どうして銀行のカードローンが無職で無収入の専業主婦でも利用できるのかと言うと、それは銀行のカードローンは総量規制対象外からなのです。

銀行のカードローンは審査が厳しいはずでは?と思うでしょうが、専業主婦に限って言うとカードローンに申込ができ配偶者に安定した収入があれば融資しえもらえると考えると、申込みさえできない大手の消費者金融に比べると借りやすいということになりませんか?

さらに、銀行で専業主婦が融資を受ける場合、形としては配偶者に貸し付けを行うことになります。

また、銀行のカードローンの場合は配偶者の同意書や住民票などの提出は不要なのがありがたいですね。

たったそれだけあれば融資の申込みが可能になると考えると、申込みさえできない大手の消費者金融の審査で配偶者の収入や勤務状態などの質問をされる場合もあることを考えると申込みやすいということになります。

このように、銀行のカードローンであれば専業主婦でも申込しこ込め、融資を受けることが可能です。

次に専業主婦でも利用できる審査に通過しやすい銀行系のカードローンをまとめてみますのでご参考になさってみてくださいね。

  • 三菱東京UFJ銀行バンクイック
  • イオン銀行カードローンビッグ
  • 新生銀行カードローンレイク
  • 楽天銀行カードスーパーローン

などです。

次に、主婦でも安心して申し込めるレディスローンをご紹介したいと思います。

主婦でも安心!レディースローン

レディスローンでは利用者は女性限定となっており、対応するスタッフも全て女性の場合が多いです。

ローンの相談を男性スタッフにするのってちょっと嫌だなって女性がほとんどでしょうから、これは大変ありがたいですね。

もちろん、働いている主婦でも利用でき、配偶者貸し付けを行うことで専業主婦でも利用できる場合があります。

このレディスローンならパート主婦なら十分に利用できますし、配偶者の同意や収入を証明できるなら専業主婦でも利用可です。

つまり、女性であることに十分考慮された審査で、なおかつその女性がお金がないという現実に対し、スタッフが親身になってくれるというわけですね。

次に、高収入の女性はそう多くはないのが現実なので、収入が少ない女性でも利用できるというメリットがあります。

さらに、男性に比べれば女性の方が貸し倒れの確率が低いと認識されていることから、女性に対する融資可決率が高くなっており、審査が比較的通りやすいメリットがあります。

最後のメリットとしては、レディスローンでは融資限度額を低めに抑えているので、信用貸しリスクを抑えており、借りやすくなっているといことがあります。

このように、女性の立場にたった女性の新規利用者の獲得に積極的で、さらにリスクを低く抑えることによってレディスローンは借りやすいローンだと言えるでしょう。

ですので、レディスローンなら専業主婦であってもかなり審査に通過しやすいということになりますね。

ここで、レディスローンをいくつかご紹介しましょう。

  • 新生銀行カードローンレイク
  • ノーローンレディス
  • ベルーナローンフタバ
  • レディスキャッシングエレガンス

などです。

まとめ

専業主婦であっても申し込める会社は以上のようにたくさんありますし、銀行のカードローンにも申込ますので、まず最初に銀行のカードローンを検討することをおすすめします。

ですが、中小の金融業者より審査は若干厳しめになりなることは考慮しておいてくださいね。

さらに言いますと、専業主婦におすすめなのが上でご紹介したレディスローンです。

女性が一般のカードローンに申し込むより審査が甘いと言われており、借りやすくなっています。

レディスローンでは配偶者の同意や安定収入があれば専業主婦でも借りれるものは多いです。

専業主婦がお金を借りづらいということは全くなく、借りられる先は探せばいくらでもあります。

ですので、専業主婦だからと言ってカードローンを諦める必要は全くありません。

上で書いたことをぜひご参考にしていただいて、ご自分にピッタリ合ったカードローンを見つけていただけると幸いです。

おまとめローンって本当にお得なの?!

おまとめローンとは?

おまとめローンという言葉を一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

このおまとめローンとはいくつかの業者から借り入れしている人が、新たに借り入れをし、それまで借りていた業者へ完済する・・というものです。

なので、多重債務者が借金を一本化し、一つの会社に返済していくことにより、金利が下がるため毎月の支払額や総支払額を減額することができるスグレモノです。

このおまとめローンの審査は一般的なカードローンの審査より当然厳しくなりますが、借金をまとめることで精神的に楽になるというメリットがあります。

銀行のおまとめローンの場合には、それまで借りていた返済について自分で行う必要があるので、おまとめローンの審査に通過したらそのお金を自分で全額返済しましょう。

さらに、完済してしまったカードローンは解約した方が無難です。

完済すればおまとめローンの返済が始まりますが、新しく借り入れせずに、まとめた会社だけの返済に集中しましょう。

なお、銀行のおまとめローンなら返済途中でも限度額ないであれば何度でも借り入れすることができますが、すぐに追加で借り入れすると借金が膨らんでしまうため、完済するまでは新たに借り入れするのはやめておきたいものです。

もし消費者金融などから借り入れる場合には、総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借り入れできないことになっています。

ですが、おまとめローンのような借りる側に有利になる借り換えについては総量規制の対象外になるため、年収の3分の1を超える借り入れも可能になることが多いです。

ただ、借金が帳消しになるというわけではないので、毎月の返済は続きます。

極端に借金が減額するわけでもありません。

また、おまとめローンの金利にもよるのですが、多ければ10パーセントくらいの減額になることも。

消費者金融の大手であるプロミス、アコム、アイフルなどといったところもおまとめローンを販売しています。

金利は銀行より若干高いですが、銀行のローン審査に落ちた方はぜひ検討してみるといいでしょう。

○三井住友銀行のおまとめローンって?!

まずおすすめしたいのが、三井住友銀行のおまとめローンです。

こちらの金利は4.0パーセントから14.5パーセントとかなり低く設定されています。

また、最高借入限度額は800万円と大きいのがメリット。

 

三菱東京UFJ銀行のバンクイック

さらに迅速性を重視したいなら、三菱東京UFJ銀行のバンクイックがおすすめ。

このおまとめローンならテレビ窓口で契約でき、即日融資も可能となっています。

金利については4.6パーセントから14.6パーセントで、限度額は500万円です。

このおまとめローンは銀行系カードローンの中でも常に上位をキープしている商品です。

どうして人気なのかと言うと、上で書いたように金利が低く設定されていることと、即日融資してもらえるという点でしょう。

さらに、毎月の返済額も1000円から設定でき、口座開設も不要で、めんどくさい手間もかなり省かれているという点でしょうか。

このバンクイックは銀行系のおまとめローンなので審査が厳しいと思われる方も多いでしょう。

実際に甘いとは言い切れません。

ちゃんと規定どおり審査を行い、融資できるかどうか判断されます。

たとえば、延滞などのトラブルを起こしたことがあるかどうか、現在3社以上の借り入れがあるかどうか、10年以内に債務整理の経験があるかどうか・・などがあった場合、審査に通過するのは難しいでしょう。

ですが、この条件なら他の銀行のおまとめローンにもあてはまるもので、バンクイックが別段厳しいからというわけでもなさそうですね。

上で書いたようなトラブルや、現在の借り入れの状況に加え、収入や勤務形態、勤続年数などといった他の条件や借り入れ希望額などを考慮して、融資が可能かどうかを判断します。

というわけで、むげに審査に落とされるというわけではないので、審査の申し込みをする前に、ネットのシュミレーションで融資可能かどうかやってみて大丈夫ならあまり心配する必要はなさそうですね。

ソニー銀行カードローン

次にご紹介したいのが、ソニー銀行のカードローンです。

このソニー銀行のカードローンは以前大変好評だったにもかかわらず、しばらくの間新規の受付をストップしていたのですが、2015年の7月より内容を変えて受付を開始しました。

業界を驚かせたその内容とは、下限金利が業界最低の2.5パーセントとなっており、限度額は800万円となっています。

つまり、借り入れ希望額が大きくても審査にはじかれる心配が少なく、さらに金利がかなり低いので、おまとめを目的とした大きな金額の借り入れでこそその実力を発揮するカードローンなのです。

今後また受付を停止するかもわかりませんし、現在新規顧客を獲得するのに積極的なローンですので、今のうちに申し込んでおいた方がよさそうですね。

アコムのおまとめローンって?

テレビコマーシャルで誰でもご存じの消費者金融のアコムですが、このアコムで印象が強いのはキャッシングやカードローンでしょう。

ですが、このアコムにもそんなカードローン以外にいくつかの借り入れを一つにまとめられるおまとめ目的の借り換え専用ローンというものがあるのです。

アコムのおまとめローンのスペックは、金利が4.7パーセントから18パーセントとなっており、限度額が500万円。

固定金利で審査時間はたったの30分となっています。

ただ、アコムは消費者金融の一つですので、総量規制が気になるところ。

おまとめローンとしてアコムを利用するなら、借りる金額が多くなってしまうかもしれませんので、総量規制に引っかかるのでは?と心配になる方もおられるでしょう。

ですが、総量規制の規則の中には、利用者にとって有利になる貸し付けは例外・・という文言がありますので、おまとめローンや 借り換えローンについては総量規制の対象外となっているため安心です。

さらに、提携先の銀行やコンビニも多いので、返済する場所やタイミングに困らないというのもかなりのメリットです。

つまり、アコムならいつでもどこでも返済可能というメリットがあるんですね。

それ以外のメリットとして、アコム以外から借りている場合にアコム一社にまとめることで毎月の返済額や金利を軽減できるということがあります。

ただし、ウェブ完結というわけにはいかず、もし申し込むならまずは専用のフリーダイヤルに電話し、その後店頭または自動契約機のむじんくんから手続きを行わなければなりません。

通常のカードローン申し込みと比べて少し手間がかかりますが、審査に通過できこのおまとめローンに借り換えられればかなり精神的に負担が軽くなるはずです。

おまとめローンの注意点

おまとめローンは上で書いたように大変ありがたい商品ですが、そのいっぽうでその恩恵を受けられる向いている人と向いていない人があります。

おまとめローンはそもそも借金を減額するものではないので、結果的に金利が減る人でなければ意味がありませんよね。

金利が減らない場合、管理が楽になるというメリットはありますが、おまとめするべきかどうかと聞かれれば微妙です。

逆に会社によっては手数料を取られる場合もあるので、かえって総支払額が上がってしまう場合もあります。

おまとめ先の会社はできるだけ金利の低いところを選びたいですし、そうすることによっておまとめローンの価値を発揮するとも言えるでしょう。